各宗派でのお葬式の際の焼香について

お葬式でのお焼香の仕方は、それぞれ異なりますが、それには具体的な意味合いがあります。ここではさらに掘り下げて紹介をします。

三回の焼香での三業は、身・口・意を清める説があります。三宝は、仏・法・僧に捧げる、三毒の煩悩は、貧・瞋・癡を一つずつなくしていくという意味合いがあります。この場合、三回の焼香にて、全ての業を消すことができます。

お葬式での焼香が一回の場合もありますが、各宗派によって意味合いが異なります。浄土真宗本願寺派においては、香をお供えするため、一度で良いです。くべるのも一回のみです。大谷派は二回ですが、これは弔問する際に、仏前へのお供えと、安らぎや豊かな心を取り戻すことに繋がるためです。浄土宗の場合は、形式的なものよりも、真心のこもった一回を大切にするという教えから来ています。おしいただく儀式においても、同じく真心のこもった一回を大切にしています。日蓮宗の場合は、僧侶は三回ですが、参列者様は一回と決められています。その他、天台宗・臨済宗では定めがありません。

各宗派によって焼香のやり方はまちまちですが、それぞれに意味が含まれています。諸説ありな上地域によって異なる点はありますが、お葬式に参列する場合参考にしてみてください。