お葬式での焼香と線香について

お葬式では、焼香をあげますが、地域によってはお線香も供養として使用している場合があります。お線香の意味合いについて、各宗派ごとに説明をします。

真言宗では、3という数字を大切にしていることから、お線香も3本立てます。曹洞宗では、線香は香りを重視しているため、1本で構いません。焼香の際には、左手を右手で添えます。左手に抹香がこぼれた際には、一緒にくべます。浄土真宗では、1本の線香を2・3本に折って、香炉に入るスペースにて、火をつけて寝かせます。これは、本来の抹香焼香に近い形で行うためです。焼香の際には、手のひらを上に向けて、こぼれないように左手で添えます。

臨済宗では線香を1本に立てて行います。日蓮宗では、線香は1本か3本、天台宗では、1回の焼香に対して線香は3本供養します。なお、地域及び寺院、新興宗教でのお葬式によっては、やり方がそれぞれ異なりますので、事前に責任者などに確認することがおすすめです。

お線香をあげる方法や、焼香の手の添え方などは宗派によってまちまちです。特に線香のあげ方は、葬式や法要の時はもちろん、日常生活場面で仏壇に供養する場合にも、役立つ情報です。しかし、各宗派での形式は大切にした上で、心のこもった供養をすることが、故人様に最も喜ばれます。